売上高60億円の卸・小売業の持株会社化事例

課題と背景

・会社の内部で本部と営業店での連携がうまくとれていなかった
⇒業務を明確化し、事業運営しやすい体制を構築することで解消
・社長のワンマン体制から能動的な組織へ
⇒社長のマインドを理解し、自ら行動できる人材を育成することを目指す。

チームコンサルティングによる支援結果

・資本関係の明確化
⇒持株会社(親会社)と100%完全子会社化を実現
・事業の明確化
⇒各事業会社の役割を明確し、グループ全体で収益・生産性の最大化が図れた。

実施したこと

・ステップ1 株式交換を実施
・ステップ2 会社分割・現物分配を実施

担当者より一言

・社長と幹部の意見の擦り合せおよび会社分割で移管する権利義務の実務ベースのつぶしこみが大変だった。とりわけ不動産の賃貸借契約の承継は、各地主との交渉であり、またそれに伴う賃料交渉や契約終了にも繋がりかねないため、会社法務・契約担当者と慎重にも慎重を期して対応した。

・(子会社→親会社への)分割型分割の場合、会計と税務の乖離が大きいことから、事前に十分検討を行うと共に、最終の処理を必ず確認する必要がある。

Share on FacebookTweet about this on Twitter
持株会社セミナー
持株会社セルフ診断

持株会社の相談窓口

持株会社化や組織再編に関するお悩みやご質問は、みらいコンサルティングの相談窓口までお気軽にご相談ください。

お電話でのご相談

メールでのご相談

 ご相談フォーム