第3回 アジアにおける主な海外統括拠点比較

第3回 アジアにおける主な海外統括拠点比較

アジアに海外統括拠点を置く場合、香港、シンガポール、タイ、マレーシアがまず候補となります。

各国の特徴は以下のとおりです。

前述のように、海外統括拠点については、環境変化に対応できるよう柔軟な組織づくりをしておくことが成功のポイントと考えられます。

 

 

更新日:2018.11.29 ,  タグ:

このページを読んでいる方におすすめの記事


必読!これだけは知っておくべき持株会社の基本

持株会社の相談窓口

持株会社化や組織再編に関するお悩みやご質問は、みらいコンサルティングの相談窓口までお気軽にご相談ください。

お電話でのご相談

メールでのご相談

 ご相談フォーム