事業を移転させる目的とは?

事業を移転させる目的とは?

中堅中小企業が事業を移転させる目的とは何でしょうか? 以下の4つの視点があげられます。

①管理コストの削減

②経営責任の明確化

③事業規模の拡大及び相乗効果

事業承継対策 など

であります。

 

それぞれ簡単に解説をします。

①管理コストの削減は、例えば本社機能、経理人事総務機能を統合していくことで、時間やコストを削減することができます。

②経営責任の明確化としては、 二つ以上の事業を行っている場合に、事業を分けることで会社単位で損益を見ることができことから、損益区分を明確化をすることができます。

③事業規模の拡大、相乗効果をねらう。これは、複数事業を行っている場合に互いの強みを生かして行きたい場合に有効な目的となります。

事業承継対策としては、例えば兄弟が後継者候補である場合、別の会社に事業を移転させ、兄弟にそれぞれ別の会社を運営させることができます。

関連するコンテンツ

→組織再編の実践ノウハウ「企業(組織)再編の種類」

更新日:2019.8.8 ,  タグ: , ,

このページを読んでいる方におすすめの記事


必読!これだけは知っておくべき持株会社の基本

持株会社の相談窓口

持株会社化や組織再編に関するお悩みやご質問は、みらいコンサルティングの相談窓口までお気軽にご相談ください。

お電話でのご相談

メールでのご相談

 ご相談フォーム