持株会社と持分会社って違うの!?

持株会社と持分会社って違うの!?

1.持株会社持分会社の違い

持株会社持分会社、時折間違って相談にこられる方がいます。

その違いについて、ご紹介したいと思います。

(前回はこちら)

持株会社と持株会って違うの!?

 

持株会社とは、いわゆるホールディングス会社のことを指し、会社の形態として純粋持株会社と事業持株会社という2つの形態があります。

純粋持株会社とは、親会社が自ら事業を行わず、株式の所有により子会社の事業活動を支配する会社をいいます。

事業持株会社とは、子会社の株式をもちつつ、自ら事業を行う会社をいいます。【詳しくはこちら

 

一方、持分会社とは、会社形態との一つで、合名会社、合資会社、合同会社を総称したものになります。会社形態になるため、持分会社と対比されるのが、株式会社です。

 

そのため、持株会社持分会社は似て非なるものです。

 

(参考1)【株式会社と持分会社の比較】

2.持分会社は、持株会社(ホールディングス)になれるのか?

では、持分会社持株会社になれるか?気になりますね。

キャッシュアウトを伴う持株会社化であれば、株式等を買取り、持分会社持株会社になれます。

 

一方、キャッシュアウトが伴わない手法で、持株会社を作ることができるのか?


①株式移転による手法

持分会社は、株式移転による持株会社化はできません。会社法上、株式移転による持株会社化は、株式会社のみになっています。


②会社分割による手法

持分会社である合名・合資会社は、会社分割により一部事業を切出し子会社化することは、できず、分割法人(親会社)になれません。一方、合同会社は、会社分割により一部事業を切出し子会社化し、分割法人(親会社)になることができます。つまり、合同会社は会社分割により、持株会社化するこができます。


③株式交換による手法

複数会社がある場合、株式交換という手法を使って、持株会社化することがあります。では、持分会社は株式交換で持株会社(親会社)になれるのか?合名・合資会社は、持株会社(親会社)になれません。一方、合同会社は、持株会社(親会社)になることができます。


(参考2)【キャッシュアウトを伴わない持株会社手法のまとめ】

 

持分会社でも、持株会社をつくることができますが、“なぜ持株会社をつくるのか?”を整理し、場合によっては、組織変更などを検討し、持株会社体制を構築することも必要ですね。

(執筆:眞船)

更新日:2018.10.23   タグ:

このページを読んでいる方におすすめの記事


必読!これだけは知っておくべき持株会社の基本

持株会社の相談窓口

持株会社化や組織再編に関するお悩みやご質問は、みらいコンサルティングの相談窓口までお気軽にご相談ください。

お電話でのご相談

メールでのご相談

 ご相談フォーム