事業の移転を検討するにあたっての論点は? ①

事業の移転を検討するにあたっての論点は? ①

事業の移転を検討するに当たっての論点には、何があるでしょうか?

一つ目は、許認可の引継ぎが可能かどうかです。

例えば、運送業、建設業など、許認可がないと事業を行えないような業種の場合には、要件を満たすがどうか、当局への確認が必要となります。

移転したものの、事業を継続できないのでは移転をする意味がありません。

この確認が非常に重要となります。

 

二つ目は、担保提供している資産の移動が可能かどうかです。

事業の移転にあわせて不動産を移転するケースがありますが、この不動産に設定されている担保も会社が引き受ける場合には、債務者等の変更登記が必要となっているため、金融機関に相談をする必要があります。

相談を含めるとスケジュールに影響を及ぼす可能性があるため、事前検討が必要です。

関連するコンテンツ

→組織再編の実践ノウハウ「事業の移転とは」

更新日:2019.5.15 , ,  タグ: , ,

このページを読んでいる方におすすめの記事


必読!これだけは知っておくべき持株会社の基本

持株会社の相談窓口

持株会社化や組織再編に関するお悩みやご質問は、みらいコンサルティングの相談窓口までお気軽にご相談ください。

お電話でのご相談

メールでのご相談

 ご相談フォーム