重畳的債務の引受とは?


重畳的債務引受とは何でしょうか?

重畳的債務引受とは、債務を引き受ける側が、当初の債務者と連帯して同等の債務を負担するものです。

会社分割の場合、分割対象債権について、債権の債権者がもともとの分割会社に対しても請求できます。

通常、債権者保護手続きは、煩雑で、スケジュールが長期化する可能性があります。

グループ内再編の場合、当事者間の連帯債務者になることは、基本的に問題にならないケースが多く、分割会社の債権者保護手続きは不要になり、スケジュールの短縮及び事務処理の簡素化につながります。

2018.03.14 ,  タグ: ,

このページを読んでいる方におすすめの記事


必読!これだけは知っておくべき持株会社の基本

持株会社の相談窓口

持株会社化や組織再編に関するお悩みやご質問は、みらいコンサルティングの相談窓口までお気軽にご相談ください。

お電話でのご相談

メールでのご相談

 ご相談フォーム