合併における労務関連の手続きとは?


合併における労務関連の手続にはどのようなものがあるでしょうか?

合併は、資産及び負債、契約関係等の全てが合併法人に包括承継されるため、労働契約についても、労働者の同意の有無に関わらず、すべてが包括的に合併法人へ承継されます。

したがって、その契約の内容についても従前と同じ内容で合併法人に承継されることになります。

ただ、合併当事者間でその動労条件が異なる場合には、合併後、従業員の士気に支障がでるなどの問題が生じますので、その条件を統一する必要があります。

条件を統一する過程で、労働者に有利な変更が行われる場合には問題は生じませんが、不利な変更が行われる場合には、労働者からその変更の同意を得る必要があります。

 

労働承継法をさらに詳しく知りたい場合はこちら ⇒ 労働承継法研究室

関連するコンテンツ

→組織再編の実践ノウハウ「組織再編の労務」

 

【こちらもご覧ください】

合併により存続する会社、消滅する会社がそれぞれ行わなければならない労務関係の手続きとは?

合併における労働保険手続

合併における社会保険手続

更新日:2019.9.17 , ,  タグ: ,

このページを読んでいる方におすすめの記事


必読!これだけは知っておくべき持株会社の基本

持株会社の相談窓口

持株会社化や組織再編に関するお悩みやご質問は、みらいコンサルティングの相談窓口までお気軽にご相談ください。

お電話でのご相談

メールでのご相談

 ご相談フォーム