債権者保護手続きとは?その1


債権者保護手続きとは何でしょうか?

そもそも組織再編が行われると株主が変わったり、資産内容が変わったり、傾斜経営そのものが大きく変わるか可能性があります。

債権者からすると売掛金の回収が遅延する、あるいは回収できなくなるといった影響が考えられるために、安易に再編を認めるわけにはいきません。

そこで会社法では、債権者に異議を申し立てる機会を与える様々な規定があります。

関連するコンテンツ

→組織再編の実践ノウハウ「会社法における組織再編」

2018.03.20 ,  タグ:

このページを読んでいる方におすすめの記事


必読!これだけは知っておくべき持株会社の基本

持株会社の相談窓口

持株会社化や組織再編に関するお悩みやご質問は、みらいコンサルティングの相談窓口までお気軽にご相談ください。

お電話でのご相談

メールでのご相談

 ご相談フォーム