合併のデメリットとは?


合併のデメリットは何でしょうか?

一つ目のデメリットは、従業員にとって抵抗感がある、という点です。
合併を行うと、被合併法人は消滅してしまうため、株主や債権者などの利害関係者は抵抗感を感じる可能性があります。
特に従業員の中には、いままで勤務してきた、愛着のある会社が消滅することになるため、強い抵抗感を感じる方がいると考えられます。

二つ目のデメリットは、合併法人に引き継ぐ資産、負債等を選択できない、という点です。
合併は包括承継として資産、負債等の全てを引き継ぐため、引き継ぐ資産等を選択できません。
そのため、引き継ぎたくない資産等を個別に切り出すことができない、という不自由があります。

関連するコンテンツ

→組織再編の実践ノウハウ「合併」

 

【こちらもご覧ください】

合併により存続する会社、消滅する会社がそれぞれ行わなければならない労務関係の手続きとは?

合併における労働保険手続

合併における社会保険手続

更新日:2019.9.20 ,  タグ:

このページを読んでいる方におすすめの記事


必読!これだけは知っておくべき持株会社の基本

持株会社の相談窓口

持株会社化や組織再編に関するお悩みやご質問は、みらいコンサルティングの相談窓口までお気軽にご相談ください。

お電話でのご相談

メールでのご相談

 ご相談フォーム