会社分割のスケジュールは?その1

会社分割のスケジュールはどのようなものでしょうか?

吸収分割と新設分割に大きな相違はないため、今回は新設分割を前提として説明を致します。

まず、事前検討、当事者間での基本合意が必要になります。
事前検討の際には、許認可や口座の引継ぎなどを検討していく必要があります。

そして、取締役会による新設分割の承認、株主総会召集の決定となります。

その後、新設分割計画書の作成が必要となります。

吸収分割の場合には吸収分割契約書を作成する必要があります。

スケジュールとして、取締役会による新設分割、又は吸収分割の承認から効力発生日から最短で2ヶ月程度を要することになります。

2018.03.26 ,  タグ: ,

このページを読んでいる方におすすめの記事


必読!これだけは知っておくべき持株会社の基本

持株会社の相談窓口

持株会社化や組織再編に関するお悩みやご質問は、みらいコンサルティングの相談窓口までお気軽にご相談ください。

お電話でのご相談

メールでのご相談

 ご相談フォーム