吸収合併の検討事項とは?その3


吸収合併の検討事項はなんでしょうか?

まず、株券発行の有無があります。
株券については、その発行の有無を自由に選択することができるのですが、被合併法人が株券発行会社である場合には、原則として、株主に対して株券等提出の公告を行う必要があります。

次に、簡易合併の可否があります。
被合併法人が存続会社の純資産の20%以下の場合には、簡易合併を適用できる可能性があります。
簡易合併は株主総会が不要となりますので、通常より簡易に合併の手続を進めることができます。

関連するコンテンツ

→組織再編の実践ノウハウ「合併」

 

【こちらもご覧ください】

合併により存続する会社、消滅する会社がそれぞれ行わなければならない労務関係の手続きとは?

合併における労働保険手続

合併における社会保険手続

更新日:2019.9.19 ,  タグ: , , ,

このページを読んでいる方におすすめの記事


必読!これだけは知っておくべき持株会社の基本

持株会社の相談窓口

持株会社化や組織再編に関するお悩みやご質問は、みらいコンサルティングの相談窓口までお気軽にご相談ください。

お電話でのご相談

メールでのご相談

 ご相談フォーム