親子会社の合併における合併法人の税務処理は?

A社を合併法人、B社を被合併法人とする吸収合併が実施されたとします。
B社はA社に100%支配されている法人です。
B社の資産は700、負債は200、資本金等の額は100、利益積立金額は400であるとします。
この場合のA社の税務処理ですが、この合併は適格合併に該当しますので、A社はB社の資産及び負債を、その帳簿価額で引継ぎます。
そのため、資産は700増加し1,700、負債は200増加し550となります。
資本金等の額は100増加する一方でB社株式の帳簿価額150が減少するので450、利益積立金額は400増加し700となります。

(執筆:島村)

【こちらもご覧ください】

合併により存続する会社、消滅する会社がそれぞれ行わなければならない労務関係の手続きとは?

合併における労働保険手続

合併における社会保険手続

2018.04.02 ,  タグ: ,

このページを読んでいる方におすすめの記事


必読!これだけは知っておくべき持株会社の基本

持株会社の相談窓口

持株会社化や組織再編に関するお悩みやご質問は、みらいコンサルティングの相談窓口までお気軽にご相談ください。

お電話でのご相談

メールでのご相談

 ご相談フォーム