吸収合併とは?


吸収合併とは何でしょうか?

吸収合併とは、図のように、子会社同士が合併をする場合に、一方の会社のみが存続し、もう一方の会社が消滅をする合併のことを指します。
存続する会社のことを合併法人、消滅する会社のことを被合併法人といいます。

吸収合併により、被合併法人の資産及び負債、契約関係などの権利義務の全てが、合併法人に承継されることになります。

実務で行われる合併は、ほとんどが吸収合併です。

関連するコンテンツ

→組織再編の実践ノウハウ「事業の移転」

 

【こちらもご覧ください】

合併により存続する会社、消滅する会社がそれぞれ行わなければならない労務関係の手続きとは?

合併における労働保険手続

合併における社会保険手続

更新日:2019.9.20 ,  タグ: ,

このページを読んでいる方におすすめの記事


必読!これだけは知っておくべき持株会社の基本

持株会社の相談窓口

持株会社化や組織再編に関するお悩みやご質問は、みらいコンサルティングの相談窓口までお気軽にご相談ください。

お電話でのご相談

メールでのご相談

 ご相談フォーム